かたすみdeフォト

北海道銘菓これが好き、わかさいも

北海道には幾多の銘菓がありますが、帰省するたびに買ってきてしまうのが「わかさいも」。これは洞爺湖町に本社を構えるわかさいも本舗が製造・販売しているお菓子で、大福豆の白餡を薄い皮で包みこみ卵と醤油を塗って焼きあげたものです。

もともと、芋を使わずに焼き芋をというコンセプトから生まれたお菓子ですので、餡のなかに糸のように細かく刻んだ昆布が練りこまれ芋の筋が再現されています。口に含んでみると白餡の甘みとホクホク感、醤油の香ばしさ、昆布の歯触りが一体となりこれ以上ないというくらいの風味。

その歴史も70年を超えており、1973年(昭和48年)には第18回全国菓子大博覧会にて名誉総裁賞を受賞しています。新千歳空港や苫小牧港のお土産売り場でこのお菓子が売られているのをみるととても嬉しい。皆さんもぜひ一度は買ってみて、なんて思っています。

c0180845_12290064.jpg

2016.1.29 自宅にて。この包装紙が牧歌的で好き。
by commonp | 2016-02-11 12:31