かたすみdeフォト

北海道銘菓これが好き、よいとまけ

三星(みつぼし)は苫小牧を代表する菓子メーカー。その三星が製造・販売しているお菓子が「よいとまけ」です。ロールカステラの外側に地元特産のハスカップジャムを塗りこんでおり、ハスカップはもともと酸味が強いのですが、そこはお菓子ですので甘みのある味つけがされています。

よいとまけは苫小牧にある製紙工場で労働者が丸太を上げ下ろしするときの掛け声、ジャムが塗られた1本のロールケーキはその丸太を象徴しています。60年ほど前に初代三星社長の小林正俊氏が、地元苫小牧に想いを込めて作り上げたお菓子です。

つらい労働をしながら苫小牧を支えている人々への想い、彼らが汗水たらして持ち上げていた丸太を模した菓子の外観、そんなことを考えながら味わうよいとまけはやはり美味しい。また、その味に違わず第22回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞しています。

新千歳空港や苫小牧港の土産店に行くとよいとまけがたくさん売られています。みなさんも一度はぜひ。

c0180845_12485026.jpg

2016.1.29 自宅にて。このよいとまけのロゴが好き。
by commonp | 2016-02-12 12:00