かたすみdeフォト

引き返す選択は素晴らしい

新千歳空港から仙台空港に向けてのフライト。この日は非常に発達した低気圧が太平洋岸を北上していました。運休となる便も相次ぎましたが、私の乗る便は出発するとのこと。下の写真は足止めをくう人でごった返す新千歳空港の出発ロビー。午後2時頃です。

c0180845_01270235.jpg

さて、夜になりましてとりあえず到着、ここは仙台空港・・あれ、なんか違うな。そう、実はここ、新千歳空港なのです。一度仙台空港の上空まで行ったのですが、雪で着陸することができず戻ってきたのでした。でも、安全第一、引き返すという選択は素晴らしいと思います。グッジョブです。

c0180845_01291645.jpg

2016.1.18 千歳市・新千歳空港
# by commonp | 2016-02-19 01:24

北海道銘菓これが好き、よいとまけ

三星(みつぼし)は苫小牧を代表する菓子メーカー。その三星が製造・販売しているお菓子が「よいとまけ」です。ロールカステラの外側に地元特産のハスカップジャムを塗りこんでおり、ハスカップはもともと酸味が強いのですが、そこはお菓子ですので甘みのある味つけがされています。

よいとまけは苫小牧にある製紙工場で労働者が丸太を上げ下ろしするときの掛け声、ジャムが塗られた1本のロールケーキはその丸太を象徴しています。60年ほど前に初代三星社長の小林正俊氏が、地元苫小牧に想いを込めて作り上げたお菓子です。

つらい労働をしながら苫小牧を支えている人々への想い、彼らが汗水たらして持ち上げていた丸太を模した菓子の外観、そんなことを考えながら味わうよいとまけはやはり美味しい。また、その味に違わず第22回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞しています。

新千歳空港や苫小牧港の土産店に行くとよいとまけがたくさん売られています。みなさんも一度はぜひ。

c0180845_12485026.jpg

2016.1.29 自宅にて。このよいとまけのロゴが好き。
# by commonp | 2016-02-12 12:00

北海道銘菓これが好き、わかさいも

北海道には幾多の銘菓がありますが、帰省するたびに買ってきてしまうのが「わかさいも」。これは洞爺湖町に本社を構えるわかさいも本舗が製造・販売しているお菓子で、大福豆の白餡を薄い皮で包みこみ卵と醤油を塗って焼きあげたものです。

もともと、芋を使わずに焼き芋をというコンセプトから生まれたお菓子ですので、餡のなかに糸のように細かく刻んだ昆布が練りこまれ芋の筋が再現されています。口に含んでみると白餡の甘みとホクホク感、醤油の香ばしさ、昆布の歯触りが一体となりこれ以上ないというくらいの風味。

その歴史も70年を超えており、1973年(昭和48年)には第18回全国菓子大博覧会にて名誉総裁賞を受賞しています。新千歳空港や苫小牧港のお土産売り場でこのお菓子が売られているのをみるととても嬉しい。皆さんもぜひ一度は買ってみて、なんて思っています。

c0180845_12290064.jpg

2016.1.29 自宅にて。この包装紙が牧歌的で好き。
# by commonp | 2016-02-11 12:31

イルミネーション、函館駅前

再び駅前にきたときには吹雪もやみ、イルミネーションをクリアに撮影することができました。この三角形の柱はイルミネーション用に建てられているのでしょうか。コンクリートの土台があるのでそうではないのかな。

c0180845_12370583.jpg

2015.12.27 函館市若松町・函館駅
# by commonp | 2016-02-09 12:37

高龍寺、函館 6

山門を境内の中から眺めてみました。斗栱(ときょう)や中備(なかぞなえ)、垂木(たるき)など軒(のき)の構造がよく見えます。

c0180845_00005146.jpg

2015.12.27 函館市船見町・高龍寺
# by commonp | 2016-02-05 00:20

高龍寺、函館 5

山門をくぐり本堂の前にでます。この時期の本堂には雪囲いが施されていました。冬には冬の趣がありますね。

c0180845_00240466.jpg

本堂の横からは回廊が伸びています。下の写真は右側の回廊の一角。漆喰壁(しっくいかべ)と花頭窓(かとうまど)の佇(たたず)まいに惹かれました。なお、花頭窓は禅宗建築特有の窓で、頂部が尖(とが)ったアーチ状の曲線を持つ窓です。花頭は火燈、火頭などとも書きます。

c0180845_00240471.jpg

2015.12.27 函館市船見町・高龍寺
# by commonp | 2016-02-03 00:45 | 写真・カメラ

高龍寺、函館 4

山門の扉には桐紋(きりもん)が彫られていました。扉のものは五三桐(ごさんのきり)と呼ばれるもので、真ん中の茎には五つの花が、左右の茎には三つの花がついています。

c0180845_12304719.jpg

山門の柱の基部は金属製の円筒で覆われています。これは補強と装飾が兼ねられているのでしょう。建物全ての重量が、柱、それを受ける礎盤、礎石へと伝わって行きます。柱の基部はこの重量を地面に伝える最終端、疎(おろそ)かにはできません。

c0180845_12292480.jpg

2015.12.27 函館市船見町・高龍寺
# by commonp | 2016-01-31 13:38 | 写真・カメラ

高龍寺、函館 3

下の写真は山門の柱の上部を見上げたところ。柱の上で軒(のき)を支える斗(ます)と肘木(ひじき)の組み合わせを斗栱(ときょう)といいますが、出組(でぐみ)の二手先(ふたてさき)(外側に二段分でている)となっているようです。

c0180845_23322420.jpg

木鼻である象鼻(上)と獅子鼻(下)を横から眺めます。屋根の部材と合わせ、調和のとれた構造になっていると思います。

c0180845_23322442.jpg

2015.12.27 函館市船見町・高龍寺
# by commonp | 2016-01-28 23:38 | 写真・カメラ

高龍寺、函館 2

高龍寺は曹洞宗の寺院でその正式名称は国華山高龍寺。1633年(寛永10年)に創建され、現在地に移転したのは1879年(明治12年)です。国華山は山号で、山門に掲げられた扁額(へんがく)にその文字を見ることができます。なお、山号とは寺院の名前の上につける称号で、元来寺院は修行・祈願の道場で山中に建立されたことに由来します。

c0180845_23104449.jpg


山門の柱の上の木鼻は象(上)と獅子(下)となっており、その彫刻が見事です。この寺院の彫刻は越後(新潟)の彫師によるもので、当地で彫られたものが帆船で運ばれてきたということです。ちなみに、木鼻とは柱などの垂直な部材を貫(ぬき)などの水平な部材が貫通し、その水平材の端部に彫物などを付けたものをいいます。

c0180845_23104386.jpg


ブログについてのつぶやき。

明日から二日間の出張なので明後日分の記事も作ろうと思ったのですが、22:50頃から書き始めて今はもう23:50(投稿は予約による)。たったこれだけの記事を書くのに1時間、明後日分の記事は無理です。あまりにも作業効率が悪いと思いますが、写真の選定、RAW現像、高龍寺の情報の収集・参照、その他周辺事項(山号や木鼻)の確認、文章の推敲、等々をやっているとやっぱり時間がかかります。

どなたかがこの記事にアクセスされても、5秒も眺めて頂ければ御の字でしょう。作成に1時間かけたとしても、ブログというのはそういうものです。

2015.12.27 函館市船見町・高龍寺
# by commonp | 2016-01-26 05:00 | 写真・カメラ

高龍寺、函館 1

函館どっく停留場から魚見坂を上がり、高龍寺にやってきました。高龍寺は函館に現存する最古の寺院です。30年以上前ですから私が高校生の頃でしょうか、ここの山門を見上げながらその彫刻の素晴らしさに見とれていた記憶があります。そのことを思い出し、もう一度来たいと思ったのでした。おーい、30年前の自分よ、またこうして来たんだよー。

c0180845_23432445.jpg

2015.12.27 函館市船見町・高龍寺
# by commonp | 2016-01-25 05:00 | 写真・カメラ