かたすみdeフォト

探訪白石 - 田村の墓 2

木々の間を縫うように、石畳の小道を進みます。

c0180845_23365779.jpg


すると程なく、二十基ほどの墓碑に囲まれた広場の前に出ました。
その前面には、田村清顕公の墓と書かれた標柱が立てられています。正面奥のひときわ大きな墓碑が清顕のもの。

c0180845_23371557.jpg


田村家は現在の福島県中東部に位置する奥州田村庄を領する戦国大名で、
清顕は当時米沢を領した伊達家との盟約関係を強化するため、娘の愛姫を正宗に嫁がせました。

大河ドラマ独眼竜正宗では、愛姫の少女時代を後藤久美子が、成長して後を桜田淳子が演じています。
でも、私は片倉喜多を演じていた竹下景子が好きでした。

c0180845_016231.jpg


清顕の死後、田村家は甥の宗顕が当主となりますが、豊臣秀吉の奥州仕置により改易され、
その後宗顕は片倉家の白石城下で隠棲します。

ちなみに、宗顕の子の定広は片倉喜多の家名を継ぎ、片倉姓を名乗りました。
この地に田村家の墓があるのも、この辺りの事情が関係しているのでしょう。

2014.9.15撮影 白石市・田村の墓

by commonp | 2014-10-10 00:55 | 写真・カメラ